ポストヒューマン時代についての諸々

 先日、総合人間学会という場所で、シンポジウムの登壇者として報告を行いました。

 タイトルはポストヒューマン時代が揺がす人間らしさ――思想・哲学の視点からということで、この間書いてきた、情報技術、ロボット/AI技術、生命操作技術等の現実が人間存在に与える影響についてシンプルにまとめたものです(ともにご登壇くださった、木村武史先生(筑波大学)、久木田水生先生(名古屋大学)、中村俊先生((株)コルラボ)、ありがとうございました)。

 また、翌日はワークショップにて「ポストヒューマン時代」をめぐる哲学/思想的諸問題について――「無用者階級」、「脳人間」、〈自己完結社会〉、〈無限の生〉の「世界観=人間観などの視点を中心に」という形で、この問題をこの間新著にまとめてきた論点と絡ませる形で報告させていただきました(コメンテーターを担ってくださった、熊坂元大先生(徳島大学)、竹中信介先生(道徳科学研究所)、亀山純生先生(東京農工大学名誉教授)、ありがとうございました)。

 上記のリンク先に、図を除いたPPのスライドをご覧いただけるようにしましたので、興味のある方は覗いてみて下さい。


 あわせてシンポジウムに先立ち、このあたりの問題意識を大雑把にまとめた論考「ポストヒューマン時代」における人間存在の諸問題――〈自己完結社会〉と「世界観=人間観」への問い『総合人間学』、総合人間学会、第16号、 pp.162-190)も発表されました。こちらもリンク先から冒頭の部分のみPDFでご覧いただけます。新著の導入にもなる論文だと思いますので、こちらもぜひご参照ください。

 

       

カテゴリー: 〈自己完結社会〉の成立, 本の紹介, 研究・学問 パーマリンク