『現代人間学・人間存在論研究』第二号

 すっかり更新しなくなったブログではありますが、2017年は『現代人間学・人間存在論研究』の第二号を完成させることに全力を向けてきました。

 第二号では、これまで取り組んできた〈生の自己完結化〉1 と〈生の脱身体化〉2 という問題について、〈環境哲学〉〈生の分析〉という二つの方法論によって読み解くことを試みました。ここで書いた内容は、第一号以外にもすでに以下でもざっくりとは述べてきた内容なのですが、今回はそれを徹底的に行ったということだと思います3

 

 

 

 例えば、〈生の自己完結化〉と〈生の脱身体化〉に直面した現代社会を、600万年にも及ぶ人類史における第三の「特異点」=「〈人間〉と〈社会〉の切断」と位置づけ、今日われわれが体験している「関係性の病理」や「〈生〉の混乱」が人類史の中でいかなる意味を持っているのかについてかなり踏み込んで論じました。他にも「集団的〈生存〉」や「根源的葛藤」、「〈ユーザー〉としての生」といった概念の導入し、「〈生〉の舞台装置」と〈社会的装置〉の違いとは何なのかについて論じました。

 論文の最後では、「無限の〈生〉」「有限の〈生〉」といった、本論の結論に関わる重要な概念も導くことができました。これからは現在準備している「第三号」を通じて、改めて一連の事態の意味を、「関係性」や「共同」という文脈で論じていきたいと思います。そして、「有限の〈生〉」のもとで人間が生きるとはいかなることかについて、触れることになると思います。

 10年かかったこの思想の構築も、いよいよ終着点を迎えます。2018年は山場となりそうです。

(第二号の本文は、リンク先から読むことができます)

『現代人間学・人間存在論研究』 第一期 第二号
特集 人間をふちどることについて

  • 『現代人間学・人間存在論研究』発刊によせて
  • 『現代人間学・人間存在論研究』第二号のための序(上柿崇英)
  • “人間”の存在論的基盤としての〈環境〉の構造と〈生〉の三契機―環境哲学と〈生〉の分析からのアプローチ(上柿崇英)
  • “環境と存在―人間の学としての人間存在論のための試論(増田敬祐)
  • “環境と存在―人間の学としての人間存在論のための試論(増田敬祐) 粘土板から石英ストレージへ―無限と永遠を問い得る場につての存在論的/メディア論的分析(吉田健彦)

 

カテゴリー: 研究・学問 | 『現代人間学・人間存在論研究』第二号 はコメントを受け付けていません。

研究会誌『現代人間学・人間存在論研究』を刊行しました

 今年一年をかけて新たなプロジェクトを立ち上げてきましたが、その最初の成果が刊行されました。『現代人間学・人間存在論研究』は、現代に生きる人間を問題とし、同時に新たな〈哲学〉/〈思想〉のあり方を目指した研究雑誌です。

 第一期第一号では、「特集:われわれはいかなる時代をいきているのか」ということで、研究部会のメンバー三人が、それぞれに“現代という時代”の意味を問いつつ、そこからなぜ、いまわれわれが“人間”を問題にしなければならないのかについて論じています。

 本誌に込めた基本的なコンセプトについてはこちらをご覧ください。また、以下のリンク先からは全文をPDFで見ることができます。興味を持たれた方は、ぜひ一度覗いてみてください。

『現代人間学・人間存在論研究』 第一期 第一号
特集 われわれはいかなる時代を生きているのか

  • 『現代人間学・人間存在論研究』発刊によせて
  • 『現代人間学・人間存在論研究』第一号のための序(上柿崇英)
  • 現代人間学への社会的、時代的要請とその本質的課題―「理念なき時代」における〈人間〉の再定義をめぐって(上柿崇英)
  • 時代に居合わせる人間と思想―〈存在の価値理念〉についての人間学的考察(増田敬祐)
  • すべてが技術化するこの世界で他者はなお畏怖され得るのか―現代情報‐技術社会の病理と救済について(吉田健彦)

 

 なお、拙著の「現代人間学への社会的、時代的要請とその本質的課題―「理念なき時代」における〈人間〉の再定義をめぐって」では、現代という時代を「理念なき時代」と捉えるとともに、現代人の〈生〉の現実として、著しく進行する〈生の自己完結化〉〈生の脱身体化〉を指摘し、それがもたらす「関係性の病理」「生の混乱」の問題について取り上げています。

 なぜよりいっその「自由」と「平等」、あるいは「自立的な個人」を希求するという従来の戦略が、今日においては、新たな社会を構想する潜在力を失っているといえるのか、そしてなぜ今日人間社会が向っている二つの未来がいずれも悲劇的なものとなり、第三の未来を構想することはきわめて困難であるにもかかわらず、現代世代にできることは、依然として人間存在の本質を改めて直視すること、そしてその第三の未来を粛々と希求することでしかないのかということを述べています。

 かなり難しい問題を扱っていますが、興味を持ってくださった方は、ぜひご一読いただければ幸甚です。

カテゴリー: 研究・学問 | 研究会誌『現代人間学・人間存在論研究』を刊行しました はコメントを受け付けていません。

上柿崇英/尾関周二編『環境哲学と人間学の架橋』

 何人かの方にはすでにご紹介させていただきましたが共編ながら拙著が完成致しました。タイトルは『環境哲学と人間学の架橋』(世織書房)です(詳しくは チラシをご覧下さい)。

 同書は、恩師の尾関先生との共編で、私は序文、第二章、第七章、後書きの四カ所を執筆しています。

 環境学において“哲学”がいかなる役割を果たすのか、環境哲学とはいかなる学問分野なのかということを今回初めて体系的に示すことができました。またこれまで考えてきた現代における人間存在の問題について、「持続不可能性」というキーワードを媒介しながら展開しているのも特徴です。

 何かの機会がございましたら、手にとっていただき、ご感想などいただけますと幸甚です。よろしくお願い致します。

 

 また、先日合わせてご紹介しました、

上柿崇英(2015)「〈生活世界〉の構造転換――“生” の三契機としての〈生存〉、〈存在〉、〈継承〉の概念とその現代的位相をめぐる人間学的一試論」

 が掲載されている『自然といのちの尊さを考える』も刊行されました。

 

カテゴリー: 研究・学問 | 上柿崇英/尾関周二編『環境哲学と人間学の架橋』 はコメントを受け付けていません。

新年おめでとうございます

 昨年もいろいろ大変な一年でした。いろいろあったわけですが、この一年での一番の成果は、やはり二月刊行予定の『環境哲学と人間学の架橋――現代における人間の解明(世織書房)』だと思います。

 同書は私の恩師である尾関周二先生との編著で、執筆者は全員が私同様先生の弟子たちです。こうしたメンバーのみで一冊の本が出版されるのは初めてのことですので、大変意義のあることでした。出版企画がスタートしてからかれこれ二年近くの時間を要しましたが、昨年を山場としてようやく完成のめどがたったという具合です。

 内容的には執筆者によってさまざまな方向性が採られており、必ずしも一致しているわけではないかもしれません。とはいえ、同書で“環境哲学”というものの学問的な枠組みについては、ひとつの形ではありますが示せたのではないかと思っています。

 このうち私が直接執筆したのは、

  • 【序文】
  • 【総論】「環境哲学とは何か?――環境哲学から人間学への架橋」
  • 【各論】「環境哲学における「持続不可能性」の概念と「人間存在の持続不可能性」」
  • 【あとがき】

 になります。分割されてはいますが、これまで研究してきた内容のエッセンスをさまざまな形で織り込む努力をしましたので、これらを読んでいただければ、私の思想的な到達点をある程度理解していただけるものと思います。

 強いて言うのであれば、昨年二月の東洋大での講演以来積み上げてきた「人間存在の持続不可能性」に関する議論も、かなり踏み込んで述べたと思います。このあたりの議論は難しいのでなかなか十分な形で書けてこなかったのですが、この点も【総論】と【各論】を合わせて、ひとつの到達点を描けたと思っています。

(このあたりについて興味を持って下さる場合は、平行して刊行される――上柿崇英(2015)「〈生活世界〉の構造転換――“生” の三契機としての〈生存〉、〈存在〉、〈継承〉の概念とその現代的位相をめぐる人間学的一試論」竹村牧男/中川光弘監修、岩崎大/関陽子/増田敬祐編集『自然といのちの尊さについて考える』ノンブル社――で、相当踏み込んだ内容を書きましたのでそちらをご覧下さい。)

 今年こそは、中途半端な形で放置状態となっていた単著を頑張ります。これを刊行できて初めて、本当の意味で一段落ということでしょうか。今年もいろいろあるとは思いますが、何とか乗り越えていきたいと思います。

 皆さんにとっても、良い一年になりますようにお祈り致します。

カテゴリー: 巨人の肩の上より | 新年おめでとうございます はコメントを受け付けていません。